鍼灸で「免疫力」は高まる?

鍼灸には「免疫力を高める」効果があるか?

鍼灸師になるための学校には『はりきゅう理論』という科目があり、鍼灸施術の科学的解明などを学びます。その教科書の中の『鍼灸治療による生体防御機構に及ぼす鍼灸刺激の影響』という項目に、鍼灸の科学的な免疫系に対する反応が記載されています。

<鍼の免疫系に対する反応>

鍼施術をすることにより、NK細胞やT細胞の移行を促進することが報告されています。NK細胞は、ウイルス感染した細胞を破壊し、ウイルスの排除を行う作用があります。T細胞には様々な種類が存在しますが、ここでは特にウイルス感染に関与する細胞傷害性T細胞を紹介します。細胞傷害性T細胞は、ウイルス感染した細胞を破壊し、そのウイルスを記憶、そして次に感染した時に迅速な対応を行えるようにする働きがあります。このような事から、鍼施術をすることにより細菌・ウイルスを排除し、次に同じウイルスに感染しても対応が早くなる可能性があります。

 

<お灸の免疫系への反応>

お灸施術をすることにより、マクロファージが施術後と5日後に活性化する事が認められています。マクロファージとは、体に入って来る異物(細菌など)に対して、貪食[どんしょく](異物を細胞内に取り込み、殺菌する働き)する作用があります。
また、NHK総合で2018年9月24日に放送された『東洋医学 ホントのチカラ』の中で、『モクサアフリカ』の活動が放送されました。『モクサアフリカ』とはアフリカでの結核予防、HIV/エイズとの重複感染や薬剤耐性結核といった脅威をお灸の働きにより取り除く取り組みです。ここでも、免疫力を高める作用が関わっています。ホームページには、2016年に臨床研究の結果、結核とHIV患者のお灸の効能として免疫力(CD4)の向上を証明することに成功したとの報告もあります。
このような事から、お灸は結核などの細菌やウイルスの予防や感染後の進行を抑える可能性があります。

鍼・灸ともに免疫系の活動を亢進するとの報告があります。

 

毎日、新型コロナウイルスについて報道され感染者が増えているなか、免疫力のことも多く言葉にされます。

 

そこで、鍼灸施術を受けご自身の免疫力を高めて予防に努めてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルス予防対策

当院では新型コロナウイルス予防対策を万全を期しておこなっております。

その他にもベッド、タオル、施術着等の次亜塩素酸水でのスプレー除菌。

ドアノブ、待合室のソファー、スリッパ等にもスプレー除菌をおこなっております。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

やの鍼灸治療院

 

食事で筋力アップ

筋肉は、食事からもつくられます。ここをおざなりにすると、筋力減少に拍車が!

摂るべき栄養素や食べ方を知っておくのも大事です。

 

<筋力アップに欠かせない3つの栄養素>

たんぱく質 【筋肉のもとになる】

筋肉の主成分。筋肉では、常にたんぱく質の分解と再合成が繰り返されているので、食事でしっかり補給するのが大事です。肉や魚、卵、乳製品には動物性のたんぱく質、大豆製品や穀物には植物性のたんぱく質が含まれます。

 

ビタミンB6 【たんぱく質の分解・再合成を助ける】

食事で摂ったたんぱく質は、体内で分解され、筋肉や内臓などで使いやすい形に再合成されます。ビタミンB6には、この分解・再合成を助ける働きがあります。動物性食品に多く含まれ、植物性食品には少ない。

 

※おすすめ食材 - たんぱく質もビタミンB6も摂れる ー

・鶏肉

どの部位も高たんぱく。特に価格も手ごろで摂りやすいのは胸肉。消化が良く低脂肪なので肥満改善にも。

 

・鮭

豊富なたんぱく質とビタミンB6を含む。さらに筋肉の丈夫にするビタミンDもたっぷり含む優秀食材。

 

ビタミンD 【強い筋肉を作る】

筋肉にはビタミンDの受け皿のような物(受容体)があり、ビタミンDと結びつくことで、筋肉中のたんぱく質の合成が進むといわれています。つまりビタミンDを意識して摂ることで、筋肉の増強につながります。

ビタミンDには骨を強くする効果もあります。ビタミンDには、小腸でカルシウムの吸収を促したり、血液中のカルシウムを骨に運ぶ働きがあります。筋肉を増強しつつ、骨も丈夫にしてくれます。

 

※おすすめ食材 - ビタミンD ー

・きのこ

炒め物など、いろいろな料理や汁物の具に使いやすいというメリットがある。食物繊維も豊富で、整腸作用が期待できます。

 

 

「運動 + 食事」で筋力アップ効果が高まる!!

 

なぜ、筋肉をつける必要があるのか?

筋肉には、関節を支える、基礎代謝を維持する、血液を送り出すなど多くの役割があります。

筋肉を増やし、筋力を高めれば、さまざまな不調の予防・改善に繋がります!

 

<腰・膝・股関節の痛みの予防&改善>

関節をしっかりサポート

お腹や背中の筋肉は腰を、太ももの筋肉は膝を、骨盤まわりやお尻の筋肉は股関節を支えています。これらの筋肉をしっかりつければ、腰・膝・股関節の痛みの予防に。

 

<代謝がよくなり、太りにくい体に>

効率よくエネルギーを消費

じっとしているときでも消費されるエネルギーを基礎代謝といい、その40%は筋肉が消費しています。筋力を高めれば代謝がアップし、効率よくエネルギーを使えるようになり、太りにくくなる効果があります。

 

<冷え体質を改善>

血行をよくする

筋肉が衰えると、全身の血行が悪くなり、体が冷えます。筋肉をつけて血液の循環を促せば、冷え体質の改善につながります。

 

<免疫力が高まる>

風邪・病気を遠ざける

筋肉は体の免疫機能と深く関わっていて、筋肉をつけると免疫力を高まるといわれています。

 

<骨粗鬆症を予防する>

運動は骨を丈夫に

骨は年とともに弱くなり、特に女性は閉経後に骨量がガクッと減ります。筋力を高める運動をすることは、骨に負荷をかけて丈夫にすることにつながり、骨粗鬆症の予防に役立ちます。

 

 

<認知症の予防にもつながる>

・筋肉をアップさせると、歩くことが楽になる

・自分の足でどこにでも出掛けることができる

・人と会って話したり、見聞を広める機会が増える

・脳が活性化して認知症も防ぐ!!

 

ツボ 「足三里」

“全身の強壮穴、胃腸などの消化器系にも常用”

 

日本の古典にも登場する、おそらく最もよく知られているツボの一つです。

 

「・・・もも引の破をつづり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先心にかかりて・・・」

松尾芭蕉『奥の細道』

 

「・・・おっとまかせと足軽く、走る三里の灸よりも、小判のききぞこたへたる・・・」

近松門左衛門『冥途の飛脚』

 

昔、旅をする人は三里(足三里)のツボに灸をすえました。乗り物のない、あっても籠や馬といった時代に、脚を丈夫にする三里の灸は旅立ちに際して不可欠だったのです。

また三里の灸で長生きをしたりついう有名な話もあります。

 

【効能】

消化器系(胃腸炎、胃痙攣、胃・十二指腸潰瘍、胃下垂、消化不良 ほか)、循環器系(高血圧、胸痛 ほか)、慢性疲労、婦人病、膝・下腿障害 その他

 

抗炎・鎮痛・降圧・養生作用もあります。

 

 

【消化機能の活発化】

鍼灸の研究で京都大学から博士号を得た駒井一雄氏は、慢性胃・十二指腸潰瘍の患者さんのいくつかのツボに灸刺激を与えて、内臓の動きの変化を観察しました。この中で、胃の動きについて曲池と足三里への施灸後に、特にその波高が上昇しており、これは健康人では見られないものでした。さらにX線画像でも同様の結果が得られたので、胃下垂などの消化機能障害を起こしている場合に有効なツボだと述べています。

 

 

 

膝下の外側にある凹みが「犢鼻」というツボになります。その「犢鼻」から指4本分下で脛骨から指1本分外側に位置します。

 

【ツボの刺激方法】

同側の親指を足三里にあてて、他の4つの指をふくらはぎにあて、親指を外側に向けて20~40回揉みます。

絵画

いつもお越しいただいています画家の中山睦子様が銀座で個展をされます。

今、いろんなことがあって気が休まらない方も多いと思いますが、「芸術の春?」で、心を安らかにしてくれる素晴らしい絵画に触れてみるのもアリですね!

 

 

ー 破壊から集計そして構築へ ー

2020年3月30日(月)~4月4日(土)

11:00~18:30(初日13:00から、最終日17:00迄)

 

【 場 所 】

ギャラリー・オカベ

中央区銀座4-4-5

 

ご興味のある方は是非!!

 

 

新型コロナウイルス感染症の対応

日々、感染の拡大が報道されている、新型コロナウイルス。
様々なイベントが中止・延期といった対応をとったり、学校が臨時休校になったりと、各所で様々な対応が求められています。

 

東北医科薬科大学病院から

「新型コロナウイルス感染症 ~市民向け感染予防ハンドブック」

というものが出ております。

http://tmpuh.net/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87_%E5%B8%82%E6%B0%91%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF_20200225_1.pdf

 

感染予防に役立つかと思います。

 

 

 

 

花粉症

つらい日々に、さよなら!

風邪をひいているわけでもないのに、ひどいくしゃみや鼻水、鼻づまりが発作のように起こる・・・。

アレルギー性鼻炎とは、ハウスダスト、ダニ、花粉、カビ、ペットの毛など、特定の原因となる物質(アレルゲン)が、鼻粘膜に侵入して過敏反応(アレルギー反応)を起こし、連続するくしゃみ鼻水鼻づまりなどの症状をもたらす病気です。

春先になるとつらい「花粉症」もこのアレルギー性鼻炎の一つです。ひどい症状で、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。

原因となる物質(アレルゲン)が過敏に反応してしまうのは、からだの防衛力が弱いからなのです。  防衛力がもともと弱い人と強い人がいますが、防衛力は飲食や労働などの生活環境によっても変化します。突然花粉症になってしまうことがよくありますが、それは、その人なりに保たれていた防衛力が、何らかの原因で乱れたためと考えられます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりを三大症状とするアレルギー性鼻炎には、ハウスダスト、ダニなどによりいつも症状のある通年性のものと、花粉症などある時期だけ症状のある季節性のものがあります。

<日ごろの予防法>

  • 室内をこまめに掃除して清潔にしましょう。カーテンの汚れにも注意を。
  • 鼻粘膜への刺激を避けるため、室内の乾燥を防ぎましょう。
  • テレビやインターネット、新聞の花粉情報を見て予防を心がけましょう。
  • 特に花粉症では外出時はマスクやメガネをし、外出から帰ったら、うがいや目や鼻などを洗うと予防効果も上がります。

 

 

<花粉症と鍼灸治療>

①投薬治療とは違い、副作用や眠気がない

  • 「薬を飲むと眠気が心配・・・」というドライバーさんや妊娠中・授乳中の方にも安心です。

 

体質改善による症状の改善(長期的な効果が期待)

  • 定期的に継続して治療を続けることにより、免疫力アップとなり体質改善が可能です。
  • 花粉へのアレルギー反応を抑制できます。
  • 去年より今年、今年より来年・・・と症状が軽減していきます。

 

③治療後の効果が期待(短期的の効果)

  • 鍼で鼻の周囲のツボに刺激を与え即効性の効果があります。

 

 

 

やの鍼灸治療院

セルフケア 【カラダがだるい③】

ビタミンやミネラル不足を解消し活力アップ

 

【不足しがちな栄養素を補って、カラダに活力を】

米、パン、、麺類、かぼちゃ、イモ類に多く含まれている炭水化物の中の糖質は、カラダの中でブドウ糖に変換され、脳や筋肉など全身を動かすためのエネルギーになります。そのときエネルギー化するために必要なビタミンB群、ミネラル、酵素が足りないと疲労感が残り、だるさの原因になります。

またエネルギー化されなかった糖質は、脂肪になって蓄積して肥満の原因にもなります。とはいえ、不足しがちな栄養素を食生活だけではなかな摂取しにくいです。バランスよくいろいろなものの食事で摂りながらサプリメントなどでビタミンB群やミネラルを意識的の取り入れて、元気なカラダに立て直しましょう。

 

【カラダがよくなる訳】

効率的なエネルギーの消費

➡ デトックス効果、肥満解消、身体のリフレッシュ

 

 

【ここにも効果が!】

疲労、シェイプアップ、心のリフレッシュ

 

 

やの鍼灸治療院

 

セルフケア 【カラダがだるい②】

ふくらはぎマッサージで代謝を良くする

【ふくらはぎは血液を心臓に戻すポンプの役割】

カラダがだるい、疲れる、浮腫む、冷える、首・肩がこる、頭痛、便秘など『未病』と呼ばれる体調不良の多くは、カラダの代謝が悪いと起こります。

血流が滞ると、細胞に酸素や栄養や熱が届かず“飢餓状態”になって新陳代謝が低下します。またリンパの流れも悪くなり、老廃物や余分な水分が溜まって、たるさや疲労感、浮腫みの痛みなどを感じやすくなるのです。

代謝アップの要はふくらはぎです。ふくらはぎがの「第二の心臓」と呼ばれ、足に溜まった血液を重力に逆らって心臓へ押し戻すポンプの作用があります。揉んだり、さすったりすることで全身の血流・リンパの流れが良くなり、カラダがスッキリします。

 

【代謝を上げるふくらはぎのマッサージ】

・足首を両手で挟むようにつかみ、ふくらはぎを下から上に引き上げる。

 

 

【カラダのよくなる訳】

血流アップ、リンパの流れアップ ➡ デトックス

 

 

【ここにも効果が!】

むくみ、首や肩のこり、冷え性

 

 

やの鍼灸治療院