パーキンソン病

【どんな病気か】

50歳以降に発症することが多く、いくつかの特徴的な症状がみられます。手足が震える、筋肉がこわばる、動作が遅くなる、歩きづらくなる等でゆっくりと症状が進行する神経変性疾患で、10数年後には寝たきりになる患者さまもいます。有病率は日本人の約1,000人に1人がこの病気にかかると言われています。

【原因は何か】

原因は現在も不明です。脳の病理学的変化では、中脳の黒質ドーパミン性神経細胞の変性が確認されています。

パーキンソン病は脳が出す運動の指令が筋肉にうまく伝わらず、滑らかな動作ができなくなってしまう病気です。これは脳(中脳)の黒質という部分の神経細胞が減ってしまうのが原因です。

この神経細胞は「ドーパミン」という神経伝達物質をつくり、「ドーパミン」を使って体を動かす機能を調節する働きをしています。黒質の神経細胞が減ると「ドーパミン」も減ってしまうため、運動の情報が伝わらず様々な症状が出てきます。

【症状】

<3大症状>

①手足のふるえ

②筋肉のこわばり

・筋肉が固くなる

・関節の曲げ伸ばしに抵抗がある(固縮)

③ 動きの緩慢(無動)

・無意識に動作が遅くなる

・表情がほとんど変わらない(仮面様顔貌)

<運動の症状>

  • 安静時にふるえる
  • じっと動かないでいる
  • 動作が緩慢
  • 動き始めるのに時間が掛かる
  • 姿勢が前かがみ
  • 小さい歩幅でちょこちょこ歩く
  • 前後・側方に倒れやすい
  • 最初の1歩がすくみやすい
  • ボタン掛けなど細かい動作が遅い
  • 声が小さい、書く文字が小さい
  • 表情が乏しくまばたきが少ない
  • 物を飲み込みにくい、よだれが出る

<自律神経の症状>

  • 便秘
  • 立ちくらみ
  • 排尿障害、尿失禁
  • 手足が冷える
  • 足、下肢に汗が出にくい
  • むくみやすい

<その他の症状>

  • 筋肉がこわばる
  • 手足の変形
  • 症状が軽い側へ体が傾く
  • 幻視
  • うつ

【症状の現れ方】

初発症状は片方の手のふるえ(安静時震戦)や歩きづらさ(歩行障害)が多く、前かがみで小刻みに歩くようになります。

筋肉のこわばり(歯車様固縮)や手足のふるえ(震戦)などは最初は片側だけですが、進行するにしたがって反対側にも現れます。

1歩目が出にくくなり(すくみ足)、歩幅も小さくなります(小刻み歩行)。全体に動作が遅くなり(動作緩慢)、方向転換や寝返りが苦手になります。

歩いているうちに足が体に追いつかなくなり(突進現象)、姿勢の反射も障害されている(姿勢反射障害)ために前のめりの姿勢になり立て直せずに転倒することもあります。

その他では表情が乏しく(仮面様顔貌)、おでこや頬が脂っぽくなります。自律神経系では、便秘や立ちくらみ(起立性低血圧)が現れます。精神症状として、うつ状態もみられることがありますが、一般には知能は正常に保たれます。

【検査と診断】

左右差のある安静時震戦を示し、筋肉のこわばり、すくみ足、小刻み歩行、動作緩慢などがある場合、抗パーキンソン病薬の効果が認められたら、まずパーキンソン病と考えられます。類似した症状を示す疾患には、脳血管性パーキンソニズム、薬物性パーキンソニズム、多系統委縮症といわれる変性疾患などがあり、これらを除外することが必要になります。

そのためには、頭部MRIなどで多発性脳梗塞などの脳血管障害がなく、明らかな脳萎縮がないことを確認します。また薬剤性の場合は服薬を中止することで症状が改善するため、パーキンソニズムを呈する可能性のある薬剤を服用していないか確認することも大切です。このような変性疾患に関しては、初期の段階ではパーキンソン病との区別が困難な場合があり、神経内科のある専門の医療機関を受診して相談することがよいでしょう。

治療の方法

治療の基本は抗パーキンソン病薬の内服治療です。中心となるのはドーパミンの前駆物質レボドパ(L‐ドーパ)で、脳内で減少したドーパミンを補充します。しかし長期間の使用によって効果が減弱したり、血中濃度の変化に応じた症状変動(ウェアリング・オフ現象)、自分の意志とは無関係に口元が動いたり体がくねくねする不随意運動(ジスキネジア)が現れることがあります。

また吐き気、不整脈などの合併症も認められることがあります。

近年では、レボドパの内服量を減らし、補助薬を併用することが推奨されています。補助薬にはドーパミンを受け取りやすくするドーパミン受容体刺激薬(ビ・シフロール、レキップなど)、ドーパミン放出を促進するアマンタジン(シンメトレル)、ドーパミン分解阻害薬のセレギリン(エフピー)などがあります。これらの併用で副作用を少なくし、効果を持続させることが可能になります。

内服治療でコントロールが困難な症例では、定位脳手術(原因脳神経細胞の破壊)や深部脳刺激法(継続的脳神経への電気刺激)などの外科的治療法が検討されます。

【病気に気付いたらどうする】

手のふるえには、いくつかの種類があります。パーキンソン病の症状で特徴的な安静時震戦。手を伸ばすなど動かすとでる姿勢時震戦、緊張すると頭や手のふるえが強くなる本態性震戦、甲状腺機能亢進症を伴う震戦などがあれば、神経内科のある専門の医療機関を受診することが必要です。

日常生活では、転倒による骨折や便秘などの予防が大切です。また病状が進行して長期臥床した場合でも、仙骨部などの床ずれ(褥瘡)や肺炎(誤嚥性肺炎)が生じる可能性があるため、その予防が重要となります。

【パーキンソン病と鍼灸治療】

現在、パーキンソン病は残念ながら完治することはできませんが、鍼灸治療で症状の改善及び進行を遅らせることは可能です。

中国でパーキンソン病の患者への鍼灸治療の研究が行われ、患者の脳の血液循環を改善したという結果がでました。また、鍼灸はパーキンソン病の原因となる黒質に刺激を与えて、ドーパミンの分泌を促進し分泌量が倍増したことも証明されました。

パーキンソン病の進行により転ぶ事が多くなり、大怪我をする危険が多くなります。パーキンソン病で転ぶ原因は筋肉のこわばり(筋固縮)によるものが多いです。パーキンソン病の症状の中でも特に筋固縮と無動障害に対して鍼灸治療で緊張した筋肉をやわらげることができますので効果が高いです。

鍼灸治療以外でも筋力を強化するための他動運動や関節の拘縮を予防するための関節可動域運動を行うことも大切です。

パーキンソン病は自律神経機能の症状もみられるため、鍼灸で自律神経の調整や免疫力アップによって、自然治癒力を高めることも目的となります。

また、鍼灸治療と西洋医学との併用により相乗効果が認められています。今のところ完治する治療法がないため、鍼灸で頑張ってみる価値があると思います。

顔のむくみ

静脈マッサージで老廃物を流す

 

【余分な水分や老廃物は耳の付け根に流す】

リンパマッサージがむくみに効くと評判ですが、カラダの余分な水分を流す力は、リンパよりも静脈の方が何倍もあります。

「むくみを防いだり老廃物の排出を助けるのに重要な静脈」という、手術経験豊富な医師の経験を基に考案されたのが、静脈マッサージです。静脈も流れに沿って、3つの目標ポイントへ流していくメゾットであり、その一つが「耳垂」です。

顔の中に余分な水分が滞っていると、頬のたるみや輪郭のゆるみ、顔の腫れぼったさに繋がってしまいます。余分な水分は耳の付け根の静脈に流して、スッキリ小顔を目指しましょう!

 

【顔のむくみをとる静脈マッサージ】

  1. 人差し指と中指、薬指を揃えて小鼻の脇に置き、耳の付け根へ向かって滑らせていく。これを5回おこなう。
  2. ①から約1センチ下に位置を変え、耳の付け根に向って5回指を滑らせる。さらに下側のコースを耳の付け根に向って5回おこなう。
  3. アゴの骨を人差し指と中指で挟んだまま腕全体を上げるように、アゴ先から耳の付け根までグイッとすり上げる。これを5回おこなう。

 

 

【ツボ刺激】

東洋医学ではむくみを「水毒」(体内に汚れた水分が停滞し、よどんでいる状態)の表れとみます。むくみを解消する特効ツボは耳の下にある「頬車」。顔のリンパ液の出口にあるツボで、刺激することで水分の代謝が促進されて、むくみがスッキリ解消されます。また臍のそばにある「水分」というツボも、むくみを取り除くツボです。

 

< 頬 車 >

ツボの場所 : 下顎角(下あごのエラ)の前上方で、歯を噛みしめると筋肉が緊張し、力を抜くとくぼむ所。

刺激の仕方 : 人差し指をツボにあて、気持ちいいと感じる強さで、ゆっくりと押しては離すを3分ほど繰り返します。

 

 

< 水 分 >

ツボの場所 : 臍から親指1本分の幅を上にいった所

刺激の仕方 : 人差し指と中指を揃えてあて、ゆっくり押したり離したりを3~5分ほど繰り返します。決して強く押さないこと。お灸も効果的です。

 

 

余分な水分や老廃物を取り除き、「むくみ」や「たるみ」を一掃しましょう!!

夕方の足のむくみ

有酸素運動で代謝をアップ

 

<基礎代謝を上げる有酸素運動で、むくみ解消>

むくみは血液の循環と深く関わっています。心臓と同じように、膝の曲げ伸ばしや歩く刺激も血管へ圧をかけるポンプの役割を果たしています。長時間のデスクワークや長時間立っていたりと同じ姿勢でいると、重力によって下がった血液が循環せずに滞ってしまいます。

また運動不足二よって足の筋肉の収縮が弱くなると、下半身から水分を上に送るポンプ機能が低下し、むくみの原因になります。そこで簡単にできるスクワットや、ウォーキングなどで下半身の筋力をアップさせ、カラダの水分の巡りを助けましょう。どちらも基礎代謝をアップさせる有酸素運動なので、毎日続けていれば、シェイプアップにも繋がります。

 

<水分の巡りを助ける下半身運動>

【ウォーキング】

  • 朝20~30分のウォーキングで全身に酸素と水分が巡り、代謝がアップ。夕方のむくみが緩和される。
  • カラダを冷さないように、汗を拭くタオルは必需品。
  • 汗をかくので、しっかりと水分補給をする。
  • つま先で地面を蹴るようなイメージで進む。
  • つま先を上げて、踵から着地する。

 

【スクワット】

  • 背筋を伸ばし、太ももと床が平衡になるようにゆっくりと腰を落とし、ゆっくりと戻すのを10~20回程度おこなう。
  • 上半身への血流がよくなるように、腕はまっすぐ前に伸ばし、呼吸を止めない。
  • 足は肩幅に開いて、つま先より前に膝が出ないように気を付ける。
  • 慣れてきたら、効率よく筋肉をつけるために、つま先立ちでおこなう。

 

 

 

筋力アップ、代謝アップ

  • デトックス効果
  • むくみ解消
  • 脂肪燃焼

 

 

<ツボ療法>

さらに効果的なのが「ツボ」です。外のくるぶしにある「丘墟」を刺激すると、血液・リンパの循環がよくなり、むくみが解消します。さらに足の血の巡りをよくする「承山」も刺激しましょう。足の血液循環がよくなれば、全身の血行もよくなり、体調を整えることに繋がります。

 

【 丘 墟 】

ツボの場所 : 外くるぶしの頂点から前方斜め下にあるくぼんだ所。

刺激の仕方 : ボールペンの頭や人差し指の腹をあて、3分程度押します。指先でこすってもいいでしょう。

 

 

【 承 山 】

ツボの場所  アキレス腱を下から上のなぞり、硬い健が筋肉に変わる所。

刺激の仕方 : 親指をあて、気持ちいいと感じる強さで、3~5分押します。

むくみがひどい ②

50℃くらいの白湯でカラダの循環を促進

 

体温よりやや高めの白湯は胃腸にやさしく吸収される

内臓の温度を上げると、血液やリンパなどカラダの巡りがよくなります。体内の余分な水分や毒素が、汗や尿になって排泄され、むくみが解消します。また基礎代謝が上がるので、冷えが改善して痩せやすい体質になります。

体温よりやや高めの白湯は水に比べて胃腸への負担が少なく、吸収されやすい特長があります。毎朝起きぬけに、胃腸をやさしく目覚めさせるイメージで10分くらいかけて、ゆっくり飲んでください。二日酔いの朝にもオススメです。一気に飲むと、胃液が薄まって消化が悪くなるので気をつけてください。

 

  • 内臓の温度アップ
  • 基礎代謝アップ

カラダの循環がアップ

むくみがひどい ①

水分を摂りながら、体液の循環をよくする

 

安易な水分制限は厳禁、病気がないか確認を

女性は男性よりも、むくみやすいという特性があります。それは血管が細くて筋肉が少ないことに加え、女性ホルモンの影響している受けるためです。むくみを解消するには、水分と血液の巡りをよくすることがポイントです。そのためには、きちんと水分を摂りつつ、カラダを温めたり筋肉を動かしたりして、代謝を上げることが大事です。くれぐれも安易に水分制限することは避けてください。

むくみは、リンパ浮腫や低炭素社会血症などの病気によっても起こります。また。むくみは心臓病や腎臓病が原因となっている危険もあります。これらの病気が背景にないことを確認することも大切です。

 

 

体液の循環をよくする

<むくみ解消にオススメの食材>

ビタミンやミネラルが不足すると、浸透圧の関係でむくみやすくなります。

 

①カリウム : 塩分を外に排出

(アボカド、バナナ、ほうれん草、その他フルーツ類など)

 

②クエン酸 : 体内の老廃物を分解・排出

(グレープフルーツ、レモンなど)

 

③ビタミンE : 体内のナトリウムを尿中に排出

(モロヘイヤ、アボカド、プルーンなど)

 

④サポニン : 体内の水分量を調整

(きゅうり、ごぼう、小豆、にんにくなど)

 

⑤ビタミンB6 : ホルモンバランスを整え生理前のむくみを抑制

(まぐろ、かつお、牛レバー、大豆など)

 

 

<半身浴>

38~40℃のお湯で半身浴をして、代謝アップ。ただし、必ず水分を摂りながら行うこと。

 

<脚のセルフマッサージ>

力を入れず、脚の下から上に向って軽くマッサージ。足首を上下に動かすのもオススメ。

 

  • 食事
  • 半身浴
  • マッサージ

体液の循環を改善

二日酔い ②

ビタミンB群の摂取で肝臓を活性化

 

飲み会の前後にサプリメントでビタミンBを補給

飲みすぎた翌朝の二日酔いは気分も体調も最悪になり、一日を台無しにしてしまうことも。二日酔いにならないコツは、ビタミンB群などの二日酔いに効く成分を含む食材やサプリメントを飲酒の前と後に摂っておくとよいでしょう。肝臓を活性化させ、アルコールの代謝を促進してくれます。

ただしアルコールの利尿作用で脱水気味になっていると体内でスムーズに活用できないので、水分をしっかり補給することも忘れずに!

ビタミンB群が不足すると、気持ちが落ち込みがちになり、うつっぽくなることもあります。「近頃、気分がさえないな~」というときは、まずビタミンB群を補給してみるといいでしょう。

 

 

二日酔いに効く栄養素が多く含まれる食材

【ビタミンB1】

・豚肉

・玄米

 

【ビタミンB2】

・卵

・納豆

・うなぎ

 

【ビタミンB6】

・バナナ

・マグロ

 

 

【ビタミンB12】

・牛乳

・レバー

 

【ナイアシン】

・牛乳

・魚類

・コーヒー

 

【パントテン酸】

・牛乳

・卵

 

【葉酸】

・緑黄色野菜

・卵

 

【ビオチン】

・卵

・ナッツ類

 

 

 

一番は、お酒を飲み過ぎないことですね!!

 

 

 

五月病

就職や進学などで環境が変わり、緊張は疲れがピークになるのがこの時期です。

張りつめてきた糸がゴールデンウィークでぷっつりと切れて、会社や学校に行きたくない、なんだか気分が優れない、ぼんやりで不安・・・・

もしかしたら五月病かもしれません!!

<五月病って?>

5月の連休後に、学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できないなどの状態を総称して「五月病」と呼びます。

初期症状としては、やる気が出ない、食欲が落ちる、眠れなくなるなどが挙げられます。これらの症状をきっかけとして、徐々に体調が悪くなり、欠席や欠勤が続くことがあります。

<五月病の原因>

五月病は、主にストレスが原因で起こります。進学や就職、転居などで新しい環境に変わる人が多い新年度は、特にストレスが溜まりやすい時期です。

環境が変わる際には、誰しもが新たな希望や不安など様々な感情などを抱くものですが、過度に期待に応えようと無理をしたり、不安を払拭しようとする気持ちが強いと、自分でも気付かないうちにストレスを体に溜め込んでしまいます。

五月病は病院などで使われる正式な病名ではありません。医学的には、適応障害、うつ病、パーソナリティー障害、発達障害、パニック障害、不眠症など、症状に応じて異なる診断をされることが多いです。

<五月病の症状>

五月病の症状は様々だが、主な自覚症状としては次のようなものがあります。

体がだるくなる、覇気がない、やる気が出ない、眠れない、食欲がないといった症状です。

また気分的なものだけではなく、上記の症状がきっかけで、頭痛や腹痛など、はっきりとした体の不調を感じ、学校や会社に行くことができなくなってしまうこともある。

<予防>

①趣味

それまでに続けてきた趣味がある場合は、継続することをおすすめします。パズル、プラモデル、絵、料理……なんでもかまいません。好きなことをして、ストレスを発散しましょう。

②運動

精神的な疲労は、運動で肉体的な疲労に変えられるといわれています。精神疲労は数日の休息では回復しませんが、肉体疲労はたいていの場合少し休めば回復します。「体が重い」という感覚が何日も続くようならば、体を動かしてみましょう。

③体のリズムを整える

不規則な生活は、人間が本来持っている体内リズムを乱すため、肉体の健康のみならず、心の健康も害しやすくなります。また、PCや携帯電話、テレビのライトの刺激によっても体内リズムが崩れることがあります。深夜までの仕事や、就寝前にデジタル機器に触れることは避けましょう。

五月病は誰しもがなり得るものです。自分は大丈夫と思っている人ほど注意が必要かもしれません。新しい環境では気付かないうちに心身に無理をさせている可能性があります。

ゴールデンウィークで、ついハメを外してしまい、飲み過ぎや昼夜逆転など、不摂生してしまっている人は、生活リズムを正しくすることに心掛けましょう!!

二日酔い ①

つい飲み過ぎてしまって、翌日に頭痛や吐き気、嘔吐、動悸やめまいなどの不快な症状に悩まされる二日酔い。

アルコールは胃腸で吸収され、肝臓で分解されます。アルコール分解酵素によって、最終的に水と炭酸ガスになり、体外に排出されます。この過程で生成されるアセトアルデヒドが肝臓に有害な影響をもたらします。

飲みすぎるとアセトアルデヒドが分解されずに翌日まで残り、二日酔いになるのです。

二日酔い解消のポイントは、早くアセトアルデヒドを体外に排出することです。そのためには水分をたっぷり補給し、発汗や排尿を促しましょう。飲みすぎて低下した肝臓の機能を高めることも大事です。

 

 

<二日酔いによいツボ>

【太衝】

ツボの場所 : 足の親指と人差し指の間をなぞっていくと止まる所にあります。

刺激の仕方 : 親指の腹をあてて、気持ちいいと感じる強さで4~5秒押しては離すを繰り返します。床の座って足の力を抜き、楽な姿勢で行いましょう。

 

 

【内関】

ツボの場所 : 手首の横のシワから肘のほうに向かって指3本分上のところで、真ん中にあるスジとスジの間にあります。

刺激の仕方 : 親指の先をスジの間に食い込ませるように深く押します。4~5秒ほど押しては離すを繰り返します。両手のツボをやりましょう。

白内障

<白内障の原因と症状>

【白内障とは】

人の目は、よくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。水晶体は直径9mm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜(嚢)に囲まれています。この膜の前面が「前嚢」、後面が「後嚢」と呼ばれています。

一方、水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質を水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。

正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。

水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

正常な眼球  : 水晶体は透明で、光をよく通す。

白内障の眼球 : 水晶体が濁ってくると、光がよく通らなくなる。

【白内障の原因】

白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これは、「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。

最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。

その他、母親の体内で風疹に感染するなどが原因で生まれつき白内障になっているケースや、目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。

<白内障の種類と原因>

  • 加齢性白内障       ・・・ 加齢
  • 全身疾患に合併する白内障 ・・・ アトピー性皮膚炎、糖尿病 など
  • 先天性白内障       ・・・ 風疹 など
  • 外傷性白内障       ・・・ 目のけが など
  • 併発白内障        ・・・ ぶどう膜炎
  • その他          ・・・ 放射線、薬剤(ステロイド剤)

【白内障の症状】

白内障では目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状はさまざまです。

主な症状としては、「目がかすむ」といったものですが、次のような症状があれば白内障の疑いがあります。また、白内障だけでは痛みや充血はありません。

・かすんで見える。

・まぶしくなる、明るいところで見えにくい。

・一時的に近くが見えやすくなる。メガネが合わなくなる。

・二重、三重に見える。

◆水晶体の濁り方と症状

水晶体の濁り方はひとりひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁りが始まることが多く、中心部(核)が透明であれば視力は低下しません。

濁りが中心部(核)に広がると、「まぶしくなる」「目がかすむ」ようになります。中心部(核)から濁り始めると、「一時的に近くが見えやすくなる」ことがあり、その後「目がかすむ」ようになります。

耳鳴り

ストレスや後頭部のこりを解消するツボ刺激

 

耳鳴りをよく経験するのが、飛行機や高層ビルのエレベーターに乗ったときです。キーンという耳鳴りがしますが、これは内耳と外耳の気圧の差が原因なので心配はありません。

内耳炎や高血圧、糖尿病が耳鳴りを引き起こすこともありますが、病的要因がない場合は、ツボ刺激で改善することが可能です。特に心身の疲労や過剰なストレス、首や肩のこりなどが原因の耳鳴りには効果があります。そうしたときの特効ツボが、耳の後ろにある「翳風」です。全身の気(エネルギー)の流れを促し、内耳の機能を高める効果があるます。

耳の機能を調整し、脳と耳の血行をよくする「完骨」というツボも、耳鳴りの解消に役立ちます。また後頭部のこりがあると耳管が圧迫さて、耳鳴りを伴うことがあります。この場合は「天柱」を刺激して後頭部のこりをほぐしましょう。血行がよくなり、症状を穏やかにしてくれま耳たぶす。

 

< 翳 風 >

ツボの場所 : 耳たぶの後ろを指で探ると、骨のでっぱりが見つかります。その部分と耳たぶの間あるくぼんが所。

刺激の仕方: 人差し指をあて、ゆっくりと5回程度刺激します。デリケートなツボなので、弱めの力で丁寧に押します。

 

 

 

< 完 骨 >

ツボの場所 : 耳たぶの後ろにある骨のでっぱり骨に沿って後ろに向かい、くぼんだ所。

刺激の仕方: 親指をツボにあて、頭の上の方に押し上げる感じで、3~5回押します。

 

< 天 柱 >

ツボの場所 : うなじの生え際で、首の後ろの真ん中のくぼみの両側にある2本の太い筋肉の外側のくぼみにあります。

刺激の仕方: 左右のツボを両手の親指をあて、首の中心に向かって気持ちよく感じる強さで4~5回繰り返し押します。