五月病

就職や進学などで環境が変わり、緊張は疲れがピークになるのがこの時期です。

張りつめてきた糸がゴールデンウィークでぷっつりと切れて、会社や学校に行きたくない、なんだか気分が優れない、ぼんやりで不安・・・・

もしかしたら五月病かもしれません!!

<五月病って?>

5月の連休後に、学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できないなどの状態を総称して「五月病」と呼びます。

初期症状としては、やる気が出ない、食欲が落ちる、眠れなくなるなどが挙げられます。これらの症状をきっかけとして、徐々に体調が悪くなり、欠席や欠勤が続くことがあります。

<五月病の原因>

五月病は、主にストレスが原因で起こります。進学や就職、転居などで新しい環境に変わる人が多い新年度は、特にストレスが溜まりやすい時期です。

環境が変わる際には、誰しもが新たな希望や不安など様々な感情などを抱くものですが、過度に期待に応えようと無理をしたり、不安を払拭しようとする気持ちが強いと、自分でも気付かないうちにストレスを体に溜め込んでしまいます。

五月病は病院などで使われる正式な病名ではありません。医学的には、適応障害、うつ病、パーソナリティー障害、発達障害、パニック障害、不眠症など、症状に応じて異なる診断をされることが多いです。

<五月病の症状>

五月病の症状は様々だが、主な自覚症状としては次のようなものがあります。

体がだるくなる、覇気がない、やる気が出ない、眠れない、食欲がないといった症状です。

また気分的なものだけではなく、上記の症状がきっかけで、頭痛や腹痛など、はっきりとした体の不調を感じ、学校や会社に行くことができなくなってしまうこともある。

<予防>

①趣味

それまでに続けてきた趣味がある場合は、継続することをおすすめします。パズル、プラモデル、絵、料理……なんでもかまいません。好きなことをして、ストレスを発散しましょう。

②運動

精神的な疲労は、運動で肉体的な疲労に変えられるといわれています。精神疲労は数日の休息では回復しませんが、肉体疲労はたいていの場合少し休めば回復します。「体が重い」という感覚が何日も続くようならば、体を動かしてみましょう。

③体のリズムを整える

不規則な生活は、人間が本来持っている体内リズムを乱すため、肉体の健康のみならず、心の健康も害しやすくなります。また、PCや携帯電話、テレビのライトの刺激によっても体内リズムが崩れることがあります。深夜までの仕事や、就寝前にデジタル機器に触れることは避けましょう。

五月病は誰しもがなり得るものです。自分は大丈夫と思っている人ほど注意が必要かもしれません。新しい環境では気付かないうちに心身に無理をさせている可能性があります。

ゴールデンウィークで、ついハメを外してしまい、飲み過ぎや昼夜逆転など、不摂生してしまっている人は、生活リズムを正しくすることに心掛けましょう!!

二日酔い ①

つい飲み過ぎてしまって、翌日に頭痛や吐き気、嘔吐、動悸やめまいなどの不快な症状に悩まされる二日酔い。

アルコールは胃腸で吸収され、肝臓で分解されます。アルコール分解酵素によって、最終的に水と炭酸ガスになり、体外に排出されます。この過程で生成されるアセトアルデヒドが肝臓に有害な影響をもたらします。

飲みすぎるとアセトアルデヒドが分解されずに翌日まで残り、二日酔いになるのです。

二日酔い解消のポイントは、早くアセトアルデヒドを体外に排出することです。そのためには水分をたっぷり補給し、発汗や排尿を促しましょう。飲みすぎて低下した肝臓の機能を高めることも大事です。

 

 

<二日酔いによいツボ>

【太衝】

ツボの場所 : 足の親指と人差し指の間をなぞっていくと止まる所にあります。

刺激の仕方 : 親指の腹をあてて、気持ちいいと感じる強さで4~5秒押しては離すを繰り返します。床の座って足の力を抜き、楽な姿勢で行いましょう。

 

 

【内関】

ツボの場所 : 手首の横のシワから肘のほうに向かって指3本分上のところで、真ん中にあるスジとスジの間にあります。

刺激の仕方 : 親指の先をスジの間に食い込ませるように深く押します。4~5秒ほど押しては離すを繰り返します。両手のツボをやりましょう。

白内障

<白内障の原因と症状>

【白内障とは】

人の目は、よくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。水晶体は直径9mm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜(嚢)に囲まれています。この膜の前面が「前嚢」、後面が「後嚢」と呼ばれています。

一方、水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質を水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。

正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。

水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

正常な眼球  : 水晶体は透明で、光をよく通す。

白内障の眼球 : 水晶体が濁ってくると、光がよく通らなくなる。

【白内障の原因】

白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これは、「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。

最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。

その他、母親の体内で風疹に感染するなどが原因で生まれつき白内障になっているケースや、目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。

<白内障の種類と原因>

  • 加齢性白内障       ・・・ 加齢
  • 全身疾患に合併する白内障 ・・・ アトピー性皮膚炎、糖尿病 など
  • 先天性白内障       ・・・ 風疹 など
  • 外傷性白内障       ・・・ 目のけが など
  • 併発白内障        ・・・ ぶどう膜炎
  • その他          ・・・ 放射線、薬剤(ステロイド剤)

【白内障の症状】

白内障では目の中の水晶体が濁ることにより、視力が低下します。水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状はさまざまです。

主な症状としては、「目がかすむ」といったものですが、次のような症状があれば白内障の疑いがあります。また、白内障だけでは痛みや充血はありません。

・かすんで見える。

・まぶしくなる、明るいところで見えにくい。

・一時的に近くが見えやすくなる。メガネが合わなくなる。

・二重、三重に見える。

◆水晶体の濁り方と症状

水晶体の濁り方はひとりひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁りが始まることが多く、中心部(核)が透明であれば視力は低下しません。

濁りが中心部(核)に広がると、「まぶしくなる」「目がかすむ」ようになります。中心部(核)から濁り始めると、「一時的に近くが見えやすくなる」ことがあり、その後「目がかすむ」ようになります。

耳鳴り

ストレスや後頭部のこりを解消するツボ刺激

 

耳鳴りをよく経験するのが、飛行機や高層ビルのエレベーターに乗ったときです。キーンという耳鳴りがしますが、これは内耳と外耳の気圧の差が原因なので心配はありません。

内耳炎や高血圧、糖尿病が耳鳴りを引き起こすこともありますが、病的要因がない場合は、ツボ刺激で改善することが可能です。特に心身の疲労や過剰なストレス、首や肩のこりなどが原因の耳鳴りには効果があります。そうしたときの特効ツボが、耳の後ろにある「翳風」です。全身の気(エネルギー)の流れを促し、内耳の機能を高める効果があるます。

耳の機能を調整し、脳と耳の血行をよくする「完骨」というツボも、耳鳴りの解消に役立ちます。また後頭部のこりがあると耳管が圧迫さて、耳鳴りを伴うことがあります。この場合は「天柱」を刺激して後頭部のこりをほぐしましょう。血行がよくなり、症状を穏やかにしてくれま耳たぶす。

 

< 翳 風 >

ツボの場所 : 耳たぶの後ろを指で探ると、骨のでっぱりが見つかります。その部分と耳たぶの間あるくぼんが所。

刺激の仕方: 人差し指をあて、ゆっくりと5回程度刺激します。デリケートなツボなので、弱めの力で丁寧に押します。

 

 

 

< 完 骨 >

ツボの場所 : 耳たぶの後ろにある骨のでっぱり骨に沿って後ろに向かい、くぼんだ所。

刺激の仕方: 親指をツボにあて、頭の上の方に押し上げる感じで、3~5回押します。

 

< 天 柱 >

ツボの場所 : うなじの生え際で、首の後ろの真ん中のくぼみの両側にある2本の太い筋肉の外側のくぼみにあります。

刺激の仕方: 左右のツボを両手の親指をあて、首の中心に向かって気持ちよく感じる強さで4~5回繰り返し押します。

脊柱管狭窄症

年だから仕方がないとか、どうせ治らないと諦めていませんか?

そのしつこい痛みやシビレには、「脊柱管狭窄症」が関係しているかもしれません。

特に60代以降の方は要注意。正しく治療すれば治るこの腰痛について知っておきましょう。

 

【こんな症状が現れていませんか?】

☑ 歩いていると、だんだん腰が痛くなったり、足がしびれる。

☑ 腰の痛みで、長時間立っていられない。

☑ 背すじをピンと伸ばすと腰がいなくなったり、しびれる。

☑ 歩いていると下半身が熱くなる。

☑ 若いころからの腰痛が最近ひどくなった。

 

上記の症状が1つでも当てはまる方は、

脊柱管狭窄症をすでに発症しているかも!

 

 

【こんな生活していませんか?】

☑ 1日のうち、座って過ごす時間が長い。

☑ 今、もしくは昔、仕事はデスクワークが中心。

☑ 重い物を持ったり、運んだりすることが多い。

☑ 若い時と違い、なかなか痩せられない。

☑ 若いころ激しい運動をしていた。または今している。

 

脊柱管狭窄症予備軍の可能性あり!

腰に負担をかける生活習慣が長く続くほど、腰の骨と骨の間のクッションの役割をする椎間板の老化が進みます。これにより脊柱管狭窄症になる危険度が高まります。

 

 

<脊柱管狭窄症の3大症状>

  • 足の痛み、しびれで長く歩けない

歩いている途中で足が痛くなったり、しびれたりして歩けなくなるが、少し休むとまた歩けるようになる。これを間欠跛行といいます。

 

  • 下半身の違和感で落ち着かない

馬尾が圧迫されると、足や下腹部(主に会陰部)のほてりやしびれといった異常感覚、足やお尻のしびれ、歩行中の排尿・排便障害などの症状が現れることもある。

 

  • 腰から足全体がいつもビリビリ痛い

神経根が圧迫されることでよくみられます。腰からお尻・足にかけて、しびれを伴った痛みが出る。症状は左右どちらか一方に現れることが多い。

 

 

<ただ立っているだけでも、腰には負担が掛かっている> 

椎間板にかかる負荷(%)

 

  • 仰向けに寝る  25%
  • 横向きに寝る  75%
  • 立つ  100%
  • 少し前かがみで立つ  150%
  • 前かがみで立ち、荷物を持つ  220%
  • 椅子に座る  140%
  • 椅子に座り、少し前かがみになる  185%
  • 椅子に座り、前かがみで荷物を持つ  275%

 

腰の弾力性を守って背骨の老化を遅らせる

脊柱管狭窄症を引き起こす変形性脊椎症や変性すべり症などには、椎間板の老化が関係しています。椎間板を含む背骨の健康寿命は約75歳ですが、人によっては40~50代で老化が進む人もいます。

椎間板は本来水分を多く含んだ弾力性に富む組織ですが、老化が進むと水分量が減り、柔らかくなって、体重を支えることができなくなります。これが背骨の変形やズレなどで、を促す原因となるのです。

椎間板の老化を止めることはできません。少しでも負担を減らすことが、脊柱管を守ることにつながります。椎間板の老化を遅らせるポイントは「椎間板に負担をかけない生活習慣」です。

椎間板にかかる負荷の姿勢や動きを避けるだけでも、椎間板の負担は減らせます。

 

 

動悸・息切れ

不安や動機を抑える手首のツボを押す

 

自律神経やホルモンバランスの乱れには、こころのツボが効く

動悸や息切れは、精神的な疲れやストレスにより、自律神経が乱れている場合に出やすい症状です。特に更年期は、ホルモンバランスが崩れて自律神経に影響を与え、動悸や息切れを感じやすくなります。また不整脈、貧血、心臓の病気などが原因で起こることもあるので、症状が重いときは循環器科を受診することが大切です。

手首にある「内関」というツボは、不安や動機を抑えてくれる、こころに働きかけるツボです。症状が治るまで、呼吸に合わせるようにツボを刺激するのが効果的です。また「内」は内臓を、「関」は出入り口を意味することから、内臓の胸から腹部にかけての痛みや不快感にも効果があります。

 

 

< 内関 >

【ツボの位置】

手首の中央に走る2本のスジ(腱)の間で、手首から指3本(人差し指、中指、薬指)下がった所。

 

【ツボの押し方】

腕をつかむように親指をあて、押し込むようなイメージで5秒ずつ、症状が落ち着くまで左右交互に行う。

動悸や息切れを感じたら、すぐに座るなど楽な体勢をとって、ゆっくりと呼吸を合わせて、ツボを押す。

 

 

眠りの新常識 ④

快眠を導く理想の寝室を!

よりよい眠りを手にするには、寝室の環境や寝具を整えることも大切です。

気温や湿度、室内の明るさを調節すると寝つきもよく、朝元気に目覚めることができるようになります。

 

【熱の放出のために足を冷さない】

手足が冷えていると、脳や体の深部の熱を放出できず、体温が下がらないので寝つきが悪くなる。寝る前に布団の足元を温かくしておくとよい。

 

【保温性と通気性のあるパジャマ】

睡眠中に体温著節ができないと寝苦しいです。パジャマは季節に適した素材を選び、熱を放出できるように首回り袖口にゆとりがあるものを。

 

【腰が沈まないマットを】

柔らかすぎると腰が沈み、一部に体圧がかかり体の痛みや血行障害を起こして眠りが妨げられやすい。そのため体を支えるマットは適度な硬さがあるものを選ぶ。

 

【暖色系の間接照明】

明るすぎると眠りの妨げになるので、直接電球の灯りにさらされない間接照明がよい。電球は昼光色より電球色のほうが睡眠への影響が少ない。

 

【カーテンは遮光性で】

超・早寝早起きで早朝に目が覚めてしまう人はカーテンを必ず閉めて寝る。また早朝に目が覚めたとき、太陽光が目に入らないように遮光性の高いカーテンを選ぶとよい。

 

【枕の高さは肩の高さ】

枕の高さが合わないと首や肩が痛くなり、安眠が得られない。横向きに寝た状態で額、鼻、あご、胸の中心を結んだ線が一直線になる高さに調節を。

眠りの新常識 ③

体内時計がどんどん乱れる心配も・・・

「超・早寝早起き」に要注意!!

 

早寝早起きは健康の代名詞のように言われていますが、眠りが変化した中高年には、実は意外な落とし穴が・・・。快眠するには、まず習慣を見直してッみましょう!

 

<睡眠と活動のタイムスケジュール例>

【6~7時に起床】

60代以上は1日6~6.5時間くらいが睡眠時間の平均。起床時間が規則正しくなると、夜も一定時間に眠くなってくる。

 

【活動は起床から13~14時間】

起床から13~14時間は活動の時間帯。仕事や運動などで積極的に体を動かし、体と脳の温度をしっかり上げましょう。

 

【疲れた時には、短時間の昼寝も◎】

15~30分程度の昼寝は効果的。ただし夕方以降に寝るのは✖。

 

【夜の過ごし方が肝心】

寝つきとよくするにはリラックスが一番。テレビを観たり、読書したり音楽を聴いたり、自分が楽しいと思えることをして過ごす。

 

【就寝までは休む時間】

布団に入る前の時間は睡眠への準備段階。夕食をきちんと取り、入浴は就寝の1時間ほど前までに済ませておくとよい。

 

【23~24時に就寝】

自然に眠気を感じたら床に就く。

 

 

体内時計を規則正しく

 

 

<脳の温度上下と体内時計を一致させる>

快眠のためにもう一つ重要な要素があります。それが「体内時計」です。一般に人の体内時計早く24時間周期になっており、朝起きて太陽の光が目から入ると活動モードになり、約15時間後に休息モードに切り替わります。ところが朝型化した「超・早寝早起き」の人はそうでない人より、活動時間が早い時間帯にずれています。

中高年になると、およそ12~14時間ほどで脳の温度が下がりはじめて、休息モードに切り替わってしまいます。

その結果、朝型化している人は、まだ夜の20時頃なのに、強い眠気に襲われ眠ってしまいます。さらに朝はそこから6~7時間で目が覚めます。これを放っておくと体内時計はどんどんズレていきます。

そこで必要なのが、体内時計のリセットです。上記のように生活リズムを整えると、体内時計をリセットできます。

 

 

<超・早寝早起きの体内時計を正すには>

朝は暗くして過ごす

朝起きて太陽光が目に入ると、体内時計の活動モードのスイッチがONになる。そこで目が覚めても朝7~8時頃まで太陽光がなるべく目に入らないように、カーテンやサングラスなどで遮光する。

 

夜は明るくして過ごす

20時頃から眠くなってしまう人は、目標の就寝時間の23時頃までは照明で室内を明るくしておくとよい。明るいと目に入る光が多くなって活動モードを維持しやすくなり、起きていられる。

 

 

 

眠りの新常識 ②

快眠のポイントは「脳の温度差」にあった!

 

昼は ❝ 活動 ❞    夜は ❝ リラックス

 

布団に入っても寝つけないと、それだけでストレスになります。寝つきを良くするには就寝前のリラックスが大切とはよく言われていますが、それだけではありません。もう1つ、眠りに導くカギを握っているのが「脳の温度差」です。

 

<脳の温度が下がると眠気がやってくる>

睡眠は脳の働きと深い関係があります。高度に発達した人間の脳は活動の際に膨大なエネルギーを消費するため、24時間フル稼働させ続けるのは無理です。そこで睡眠が必要になります。眠れないって体を休ませるのと同時に、効率よく脳を休息させるのです。

睡眠において重要なのが、脳の温度差です。脳の温度は体の深部体温と同じで、フル稼働している日中~夕方には高温になっています。しかしそのまま働き続けるとオーバーヒートを起こします。そこで夜には熱を放出し、温度を下げる仕組みになっています。このとき眠気が起こるのです。

つまり脳の温度が下がるタイミングで布団に入れば、スムーズに寝つけるというわけです。

昼間と夜の脳の温度差がしっかりあることが快眠には大切です。それには脳の運動野や感覚野を広く刺激するのがポイントです。勉強や仕事よりも運動が有効です。

 

<脳の温度>

【 朝 】

脳の温度は深部体温と同じ。体の活動とともに深部体温が上がると、脳の温度も上がっている。

 

【 昼 】

日中の運動が脳の温度を上げる。

体を動かすと主に脳の運動野と感覚野が刺激され、温度が上がります。ウォーキングなどの軽めの運動を毎日行うとよいでしょう。家事のようにこまめに体を動かすのも有効です。

 

【 夕方 】

夕方にかけて徐々に上がっていく。

脳の温度は起床後から上がり始め、日中の活動に合わせて高まっていく。

 

【 夜 】

最も高いのは18~21時頃。18~21時以降になると急激に下がる。

熱を放散して脳の温度を下げる。

体は熱を逃がして、体を休息状態にしていきます。そのとき脳の温度も下がり、お休みモードに。このとき大切なのはリラックスすること。もう活動をやめてゆったりとした気分でくつろぎましょう。

 

【 深夜 】

もっとも低いのは3~5時頃

 

 

 

<ポイント>

・日中はしっかり動いて脳の温度を上げましょう!

・夜はリラックスして脳を「休ませる」体勢にもっていく!

 

眠くなると手足がポカポカしてくるのは、体の内部の熱が外に放散されているからです。冷え性などで、手足が冷たい状態だと、うまく熱が逃げず寝つきが悪くなってしまいます。入浴はリラックス効果と、体を温めることで放熱を活発にさせる2つの効果があり、快眠に有効です。

 

 

眠りの新常識 ①

年齢を重ねるにつれ、必要な睡眠時間の長さや眠りの質は変化していきます。そのため仕事や子育てに振り回されることなく、自分で生活リズムを作り出せる「大人世代」ならではの、睡眠のとり方を知っておきましょう!

 

 

<こんな悩みはありませんか?>

「朝早く目覚め、夜は起きていられません」

家族がまだ寝入っている早朝に目覚め、夜は早い時間から眠ってしまう。

 

「夜中に何度も起きてしまいます」

眠りが浅く、何度も目覚めてしまう。眠ったという満足感が得られない。

 

「夜なかなか寝つけません」

夜、布団に入ってから目がさえて、眠りに入ることができない。

 

<こんな睡眠をしていませんか?>

「早くから眠くなるので、早く寝る」

だんだん早い時間から眠くなり、夜起きて過ごすのがおっくうになったため、早く床に就いて眠る。

 

「健康のために長く眠りたい」

若いころより疲れやすくなったのは睡眠が足りていないせいだと思うので、できるだけ8時間以上寝るようにしている。

 

「やることがないので眠くないが床に就く」

夜にやることがないので、眠たくないが、早くから寝床に入って眠ってしまおうと思っている。

すべて問題あり!!

 

 

<年齢と共に ❝ 眠り ❞ は変わるもの>

年齢を重ねるにつれ、身体が変化してくるように、眠りのまた変わっていきます。60代以降になると睡眠時間は短くなり、特に男性では朝方の傾向が強くなります。

若い頃よりも短時間で目が覚めるようになるのですが、これはとても自然なことです。よく寝れていないのではないかと心配する必要はありません!

 

<そもそも ❝ 毎日熟睡できる ❞ 人はいない>

熟睡できないと健康に悪いと思いがちです。しかし毎日熟睡できるような人はいません。その日の疲れや日の長さにより、睡眠も日々少しずつ違うもの。たまに浅い日があってもいいのです。

また、熟睡できたかどうかは主観です。感じ方は人それぞれですし、その日の体調や気分でよっても変わります。朝はもう少し眠っていたいと思いながら起きるくらいが、実は健康なのです。

 

<8時間寝ようとすると不眠症を招くことも>

「健康のためには8時間以上の睡眠がよい」と聞いたことがある人も多いでしょう。しかしこの説に科学的な根拠はありません。にも関わらず多くの人が「しっかり8時間寝なくては」と思い込んでおり、それが不眠を招く元になっていることもあります。

65歳では一晩に眠れる時間は平均6時間前後。ところが8時間寝ようとして、眠れないのに横になっていると、かえって睡眠が浅く不安定になってしまいます。睡眠の問題を抱えている60代以上では、早く床に就いたり、8時間以上寝床で過ごす人もいるなど、健康のために良かれとやっていることが、実は逆効果になっているのです。

寝床に就いている時間が長いと全体に眠りが浅くなり、早く就寝すると早朝に目覚めてしまいます。

就寝と起床の時間を調整して、早く寝すぎないようにしましょう。そうすれば寝つけない、早く目が覚めるといった悩みを改善できます。

このように睡眠習慣を見直すことが重要です。