AM9:30-PM8時(最終受付) 日曜定休

婦人治療

当院は東洋医学における婦人治療、不妊治療と逆子治療を行なっております。
お気軽にご相談ください。

不妊治療

不妊症について

不妊症において、明らかにこれが不妊原因であると言える原因を発見することは少なく、多くはおそらく不妊にかかわっている可能性がある因子を見つけ出すことに注意が払われています。
絶対的なかかわりがあると言えなくても、いろいろな不妊因子が複合的に作用し、不妊の状態を生み出していると考えるのが妥当です。

今日でも、できれば自然に近い形で妊娠・出産したいと多くの方々が望んでいます。そこで一定の期間、一般不妊治療を受けて妊娠に至らない方が、体外授精などの高度生殖医療(ART)へ進むというのが一般的です。
不妊治療で妊娠したカップルの2/3は一般不妊治療で妊娠しています。

不妊症の症状は人によってそれぞれです。最も重要なことは「体質改善」であります。
良質の卵を作るための卵巣環境、着床や受精卵が成長するための子宮環境を良い状態にするためには、「体質改善」が必要なのです。
鍼灸治療は、その「体質改善」に大きな効果をもたらすことができます。

当院の不妊治療は、患者さまの体質に合わせて心と身体の全体を診て、お一人おひとりの症状や体質に合ったオーダーメイドの心身ともに負担の少ない鍼灸治療を提供しております。妊娠しやすい健康な身体と心づくりのお手伝いをいたします。

鍼灸治療による効果

  1. 月経周期、基礎体温を安定させ、ホルモンバランスを整えて妊娠しやすい身体にする
  2. 卵巣の状態を良くし、卵子の質を向上させる
  3. 子宮の血流を良くして冷えを解消し、子宮内膜の形状を良くして受精卵が着床しやすくする
  4. 不妊による精神的な不安やストレス、体調不良等解を消する
  5. 薬などの副作用を軽減させる

冷え性、自律神経の乱れ、不眠、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどを解消することで妊娠率を向上します。

日常生活を変えることで妊娠率を向上することができます

  1. 加齢、嗜好品、不適切な食事などは妊娠率を低下させます。
    加齢、喫煙、飲酒、不適切な食事、骨盤内の炎症、環境因子などがあります。なかでも加齢の影響は最も大きいです。
  2. 肥満、るい痩は妊娠率を低下させます。
    肥満を認める場合には、排卵障害などの頻度が高くなります。過度のダイエットや顕著なるい痩を認める場合には、下垂体機能不全に伴う排卵障害がみられる場合があります。

 

逆子治療(お灸)


逆子の伝統的な治療法に「お灸」という方法があります。一見すると逆子とは何の関係なさそうですが、逆子をお灸で治すことは東洋医学において古くから行われてきた方法です。

逆子の原因は、まだはっきりとしませんが、お母さんの身体の「冷え」が原因の1つと考えられています。特に下半身や下腹部が冷えると、胎児はおなかの中で少しでも温かく居心地の良い方へ最も大切な頭を向けます。女性の身体は心臓から遠いほど冷えやすく、子宮口側の方が体温が低くなりやすく、下半身や下腹部が冷えると心臓に近い上部の方に胎児は頭を向けてしまい逆子になってしまいます。

逆子治療は足にあるツボにお灸をすることで、骨盤内を温かくします。お灸をすることにより血行が良くなり身体全体が温まることによって胎児の回転を促します。

一般的に妊娠28週から逆子と診断されます。胎児の体が小さいうちは母体のおなかの中で動き回っていますが、体が大きくなると子宮内で動くスペースが狭くなってきますので、逆子治療は28週を過ぎてからは早ければ早いほど効果が高いです。
妊娠34週を過ぎると逆子が治る確率が低下します。早期に治療を始めることが大事になります。

×